毛皮買取の価値観に関するスレ

毛皮買取の話題が出る時、定期的に表れるのが価値観に関するスレで、毛皮イコール動物に対して酷い事をしている、その様に主張する人が現れます。

毛皮という材質は確かに、動物の体から採られた物で、動物の毛皮目的で命を取り扱っている事は、誰が考えても間違いありません。

しかし、動物は毛皮だけではなく、肉や骨にも価値があるので、食べられたり観賞用としても扱われます。

つまり、毛皮の扱いに反対と表明するスレの主、そして賛同する人達は、動物の肉を口にする事も一切出来なくなります。

種の保存や絶滅を考えると、乱獲を防いだり、捕獲数を制限する事は大切です。

ただ、人の生活や経済活動が行われる以上、毛皮の流通を全てストップさせたり、毛皮買取を完全に違法と認定するのは不可能です。

動物から作られた物を身につけたり、それを疑問に思わず使う人に大して、拒絶感を持つ事は否定出来ませんが、個人の考え方に価値観の押し付けるのは間違いです。

毛皮の価値観の話題が出ると、意外に反対意見が出る事は珍しくなく、過去多くのスレでは議論が行われてきました。

動物の扱いや、毛皮に関するスレの話題には、感情的な側面が入り込むので、言い争いになる結果に結びつきやすくなります。持ってる毛皮は処分して下さい、この様なタイトルで立ち上げられたスレは、100以上の返信がついていますし、どれも多様な発言が行われています。

注目されるのは、今所有している物を毛皮買取に出すのではなく、処分するように強く訴えられている点です。

毛皮買取を行えば、次の所有者の手に渡るので、商品としてだけではなく、動物から採られた毛皮の価値を、大切に扱えばそのまま維持し続ける事が出来ます。

一方、スレの主は買取自体を認めず、処分して商品価値をなくす様に訴えかけています。

動物の数が減り、絶滅の危機に瀕しているので、これからは毛皮を買わない様にとお願いするのであれば、理解や納得が得られる可能性はあります。

ところが、急に現れてスレを立ち上げた後の発言は、所有している毛皮の処分なので、反感を買う事は無理も無いといえます。

明らかに違法ではなく、感情が入り乱れるスレの話題では、どっちつかずの展開になったり、一方の意見に偏って、元の発言が大きく否定される事があります。

動物や自然環境を常に考えて行動したり、維持する姿勢や努力は大切ですが、多様性が合ってこその人間社会なので、価値観の全否定ではなく共存、バランスの取れた社会を目指す方が現実的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする