ラクーンファーも毛皮買取のお店へ持ち込むといい

着なくなったり、使わなくなった毛皮の品物は毛皮買取のお店へ持ち込み、査定をしてもらうといいです。

毛皮にはいろいろな種類のものがあります。たとえば、ラクーンファーなども毛皮の一種です。ラクーンファーというのはアライグマの毛皮のことです。時々タヌキの毛皮にもラクーンと書いてあることもありますが、ほとんどの場合はアライグマのものだと考えていいです。

毛皮は日ごろからお手入れをしておくことで、購入したときのようなコンディションを保つことができます。お手入れの方法も難しいことではないので、できるだけこまめにしてあげるといいです。

たとえば、毛皮は汚れ、シミ、傷があると価値が下がってしまうことがあります。そのようなことがないように、もし汚れたりシミがついてしまったらすぐにクリーニングなどできれいな状態にすることが大切です。タバコや香水のにおいがついてしまったときにもできるだけ早くクリーニングに出します。

毛皮買取のお店に持ち込む前にもお手入れをしておくといいです。ホコリを落としたり、汚れやシミを日ごろから気をつけておけば、いざ買い取ってもらおうというときにはそのまま持ち込むことができます。

また、買取店に持っていくときには保証書を忘れないように気をつけます。毛皮買取に持ち込む前には必ず毛皮のコンディションをチェックしておくことが大切だと書きましたが、たとえば、ダウンコートの臭いについてはどうしたらいいのか、というと、風通しのよいところに陰干しをして、それでも臭いが取れなかった場合は早めにクリーニング店に持っていきます。

ラクーンファーなどの同じく、自宅で無理なものは早めにクリーニング店にもって行くようにします。ラクーンファーだけではなく、どんな動物の毛皮でも汚れや臭いはプロのクリーニングですっきりときれいにしてもらうといいです。

また、毛皮のコートやポンチョなどの服飾だけではなく、バッグ、手袋、チャームなどの小物類も買取店には持ち込むことができます。毛皮の品物にはいろいろなものがあるので、それぞれのお手入れ方法があります。それを知っておくことが大切です。

買取店を選ぶときには、プロの実績のある鑑定士がいるお店を選ぶといいです。鑑定士がいるお店なら、その毛皮の価値をしっかりと確認して査定をしてくれるので安心して買い取ってもらうことができます。リサイクルショップなどでも毛皮を買い取ってくれることはありますが、やはりプロの査定とは違うので、毛皮買取のお店へ持ち込むほうがいいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする