グルービング加工の毛皮は毛皮買取で

毛皮は原料自体が希少になってきています。乱獲によって動物が絶滅の危機に瀕したり、また動物愛護の観点から、その養殖方法や毛皮の調達方法が問題視され、世界の流れは「反毛皮」の方向になってゆきました。そのため毛皮の流通量が減りました。厳しい法規制もなされましたが、それもあって密猟が増えてしまいました。密猟となれば、毛皮としての品質が落ちてしまいます。毛皮は原料となるものの品質も大きくかかわりますが、その後の加工が適正で丁寧に行われないと、良い仕上がりにはなりません。そういった面からも、今ある毛皮を買い取って流通させる毛皮買取が、良い品が集まると注目されています。過去、今批判されているような乱獲や飼育方法などが行われていたとしても、一度毛皮になってしまったものを粗末に扱うのは、さらに悲しいことです。また、流通量が減っても、ニーズは過去同様にあります。今ある毛皮を無駄にするよりも、大切に身に着ける人のもとに届けられる方がよいと考える人も少なくありません。密猟や乱獲による絶滅危惧危惧種などを増やさないためにも、毛皮買取は大きな役割を担っています。人気が高いものに、グルービング加工されたものがあります。グルービングのような加工がなされるものは、それに耐えられるだけの品質が求められます。

グルービング加工とは、毛皮の毛面に様々な形の溝を付けることで、模様を表しているものです。溝を作るには、毛を刈るだけでなく、溶かすといった方法もみられます。毛を刈る方法を選択する時には、特殊なシェアリングマシンを使います。毛皮に近づける刃の近遠で段差を付ける段刈りといういう手法によって、繊細な文様を作り上げます。また特殊なバリカンを使う方法もあります。これをカービングと呼びますが、シェアリングマシンを用いたものよりも、さらに繊細で芸術的にも高い柄付けを可能にしています。これらは大変高度な技術になりますので、職人の腕の見せ所となります。グルービングにも要する技術力はありますが、それだけの加工を施す価値がある毛皮は、大変品質の良いものです。こういった程度の良い毛皮は、流通すること自体が少なくなりました。ましてや密猟などで得られるものではありません。そういった良い品を求められる市場は、毛皮買取市場になってきました。しかし良い品を見極めることができる業者は限られています。業者選びから慎重に行うことが大切です。どのように業者を見つけるのかが悩むところですが、おすすめできる業者については、ここから詳細をご確認ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする